自分にあった資金調達方法

出資

ではここからは資金調達についてご説明をしてまいります。

起業をするにあたっての資金調達方法は1種類だけではなく、複数の方法が存在いたします。資金調達方法といたしましては「出資」、「補助金・助成金」、「個人借入」、「融資」が主には挙げられます。

まず「出資」についてご説明いたします。出資には自己資金、クラウドファンディング、エンジェル投資家などの方法により資金調達を行うことができます。
自己資金はご自身の資産を活用し事業を始めることになります。クラウドファンディングでははじめたい事業などをサイトなどに載せて興味を持ってくださった方々よりお金を集め、資金調達を行う方法になります。エンジェル投資家では個人の投資家の方より出資を行っていただき資金調達をするといったような方法になります。
この他にも出資にはベンチャーキャピタルなどといった資金調達方法があります。

補助金・助成金

次に「補助金・助成金」による資金調達方法についてご説明いたします。

起業の際に活用できる補助金・助成金といたしましては「地方創造的起業補助金」、「再就職手当」が主には挙げられます。
まず地方創造的起業補助金についてご説明いたします。地方創造的起業補助金は返済が基本的には不要となる補助金になります。返済が不要なため起業をお考えの方にはとても助かる補助金となります。また起業前でも起業をした後でも補助金を申請することができるため手助けの欲しいタイミングに申請をすることができます。しかし、申請の期間が決まっているため期間内に申し込みをするようにしましょう。

次に再就職手当についてご説明いたします。再就職手当は前職の退職日から1年以内に起業をした場合に申し込みをすることができます。しかし、再就職手当には申請書の郵送期限があるため期限を過ぎないように注意をしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ